■メインメニュー
Top / 魔法戦士 概論

魔法戦士 概論

 このページでは、魔法戦士の基礎知識について解説していきます。

  魔法戦士とは何か?
  その特徴は?

 これから魔法戦士の道を志す方には、あらかじめ知っておいて頂きたい、魔法戦士の基本です。
 また、すでに魔法戦士の道を歩んでいる方も、道に迷ったときに、初心に立ち返るつもりで、見直して頂ければと思います。

魔法戦士とは?

 このサイトで言う「魔法戦士」とは、オートスペル?による、魔法スキル発動を交えた打撃攻撃を中心とした戦い方をするキャラクターのことです。

魔法戦士の特徴

 魔法戦士の特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 打撃戦闘型でありながら、魔法も使いこなす。
  • 特性のまったく異なる攻撃方法を併せ持つ万能戦士。
  • 主力攻撃スキルのオートスペル?は、本来セージ?の職業スキルであり、型としての特性は、同じくオートスペル?を主力として戦うFcas型セージ?に準じる。*1

 ただし、万能であるが故のメリット・デメリットも存在します。
 特に、下記のいずれかに該当する人は、この道を志すことをもう一度考え直した方がいいかもしれません。

  • 対人戦・攻城戦で、活躍したい!
  • TUEEEEEEしたい!
  • サクサクレベルアップしたい!
  • 臨公メインで育成したい!
  • しんどいのはイヤだ!
  • 金銭・経験値ともにおいしい狩場でなければ、狩りなんてやってられない!
  • ずっと同じ狩場に篭るのはイヤだ!
  • 一人で黙々と狩り続けるなんてできない!

    *1 当然、Fcas型セージ?も、魔法戦士の型のひとつです。

魔法戦士のメリット

  • 高DEFや高FLEEのMOB相手でも、属性が合えば何とか戦える。*2
  • 低MdefのMOBで、属性が合えばかなりの殲滅力の底上げが期待できる。
  • うまくオートスペル?が連鎖してくれれば絶大な破壊力を発揮することも。
  • オートスペル?はパッシブ系スキルのため、沈黙してもお構いなしに魔法が発動できる。
  • 珍しさと派手さで、狩場で目立てる!
  • 存在そのもので、会話のネタになれる!

    *2 セージの場合。 武器やカードで発動するオートスペルは、攻撃が命中しなければ発動しなくなったので、高FleeのMOBに対しては少々戦いづらくなってしまいました;;

魔法戦士のデメリット

  • 高MdefのMOB相手だと極端に殲滅力が落ちる。
  • 弱点属性が突けない場合、極端に殲滅力が落ちる。
  • どんなに育てても、同レベルの一般的な戦闘向けの育て方をした同職のキャラに、総合的な戦闘力では及ばない。*3
  • オートスペル?の特性上、殲滅力が完全に運任せになり、安定しない。
  • 対人戦や攻城戦、効率重視の臨公ではまったく出番がない。
  • 魔法戦士として戦うために必要な装備が軒並み高価なため、初期投資が大きい。*4
  • STRとDEXにあまり振れないため、初期の育成が困難。*5
  • 育成終盤の金銭・経験値ともに効率の高い狩場では狩ることができない。

    *3 魔法戦士が一般的な戦闘型のひとつであるセージ?を除く。
    *4 職業スキルとしてオートスペル?をもつセージ?を除く。
    *5 マジシャン?系・アコライト?系以外で魔法戦士を目指す場合。

魔法戦士の定義

 当サイトでは、以下の条件を満たすキャラクターを魔法戦士と定義します。

  • オートスペル?を代表とするパッシブ系スキルにより発動する、魔法系スキルを交えた打撃攻撃を使用した狩り方を中心とする。
  • 魔法攻撃力(Matk)が打撃攻撃力(Atk)を上回っている。
  • オートスペル?を交えた打撃攻撃以上の殲滅力を発揮するスキルを持たないか、持っていても緊急時以外は封印している。

 以上の条件により、オートスペル?カードやパッシブスキルで発動する、打撃系スキルを交えた打撃攻撃を主力とするキャラクターや、補助装備としてオートスペル?装備を携帯するGX型クルセイダー?ME型プリースト?ウィザード?などは、魔法戦士には含めないものとします。
 ステータスとしてのひとまずの目安はINT70、AGI70以上でしょうか。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 3912, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Mon, 01 May 2006 23:29:58 JST (4223d)

[ ホーム ] [ サイト内検索 ] [ 最新ニュース ] [ 魔法戦士考察 ] [ 爆弾娘放浪記 ]
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」公式ホームページhttp://www.ragnarokonline.jp/の画像(またはテキスト)を利用しております。
© 2005 Marine Sphere http://marinesphere.com/ ALL Rights Reserved